ご挨拶

院長よりご挨拶

 

平成29年9月1日、三重県いなべ市に”どんぐり診療所”を開設させていただきました。

在宅医療に特化した医療機関となります。

 

年を重ねて歩きにくくなってきた・・難病にかかってしまった・・

 

日々の生活に不自由を感じるようになったとき、どこで過ごすか?

  

病院老人ホームホスピス自宅・・と多くの選択肢がありますが、もっとも自分らしく過ごせるのは、住み慣れた自宅ではないでしょうか。

 

 いざ体調が変わったときに病院のように素早い対処が受けられないかもしれない・・

老人ホームのように満足に介護してもえらないかもしれない・・

 

確かにそのようなこともあるかもしれませんが、在宅医療のレベルは目覚ましく向上しています。

  

家でも病院と同じような医療処置を受けられ、有益な薬を使うこともできます。

 

ケアマネージャーをはじめ、訪問看護師、ヘルパー、訪問リハビリ・・多くの職種が助けてくれます。

  

「自宅が一番いい」とは言い切れませんが、まずは、在宅医療を検討してはいかがでしょうか?

 

 地域にいる医療や介護の関係者と協力しながら、自宅での生活を全力でサポートいたします。

そして気に入っていただけたなら、自宅で最期の時まで過ごしていただくことも可能です。

  もし自宅生活が合わないようなら、もっと良い場所がないか、みんなで一緒に考えていきましょう!

 

20220904_180636.JPG

  医師 平山将司 

 

★略歴★

大阪府堺市生まれ。京都大学工学部、大阪大学医学部で学び医師免許取得(大学に11年通いました)。

三重県内の民間病院や在宅医療機関を経て、2017年9月、三重県いなべ市にどんぐり診療所を開設。

 

 

研修医時代、在宅医療クリニックで1カ月の研修を行った際、「患者さんとゆっくりお話ができることは自分の性分に合っている」と思い、卒後3年目で在宅クリニックに就職。充実した5年間を過ごしステップアップしたいと思ったころに、在宅医療が十分に提供されていなかった三重県いなべ市の方たちからお誘いがあり、独立に至りました。開業から5年、穏やかな気質の住民や医療関係者が多く、マイペースで仕事に取り組めております。

 

 

 

 

 

どんぐり診療所の沿革 

2017年9月 いなべ市大安町石榑下113-3に新規開業

2019年2月 医療法人大和会 日下病院(いなべ市北勢町阿下喜680)と連携開始。

       「機能強化型在宅療養支援診療所(病床あり)」、「在宅緩和ケア充実診療所」となる。

2019年4月 「医療法人どんぐり」として医療法人化

2022年4月 いなべ市大安町石榑下305に新築移転

 

 従業員数 10名(医師、看護師、臨床工学技士、事務員)    ※2022年4月1日時点