よくある質問

 

<訪問診療のシステムについて>

 

・要介護度がなくても、訪問診療は利用可能ですか?

はい、可能です。訪問診療を利用するための条件は、「自力で医療機関に通院できないこと」であり、これに当てはまれば、どんな病気や状態でも利用できます。当てはまるかどうかは、個別に医師が判断しますが、「十分に歩けるので病院に行けそうだ」と感じられれば、お断りさせていただくこともあります。

 

 

・訪問時間はあらかじめ教えてもらえますか? 

「時間は命の断片」と考え、時間を大切にしています。「いつになったら来るんだろうか?」と、もやもやした時間を過ごしていただかないように、診療時間を前もってお伝えするようにしております。

具体的には、診療が終わり家を出る際に、次回の訪問日と時間をお伝えします。しかし急患があった場合はそちらを優先するため、遅れる場合もあります。おおよそ30分以上前後する場合には、電話連絡するようにしております。

また、時間の希望を言われましても、医師毎に綿密なスケジュールがあるため、御希望に添えないことが多いです。

 

 

・毎日デイサービスへ行っていますが、訪問してもらえますか?

残念ながら、制度上、デイサービスに訪問することはできません。デイサービスが休みの日や、デイサービスへ行く前、帰宅した後に訪問させていただくことになります。こちらが多忙の場合は希望の日時に訪問できないことがあり、デイサービスの曜日変更をお願いすることがあります。

 

 

 ・病院との併診は可能ですか?

はい、可能です。病院でしか受けられない治療・検査(たとえば抗癌剤、特定の整形外科のなど)を病院が、それ以外の日常の体調管理を在宅医療が担当、というように併診する方も多いです。

 

 

・一人暮らしですが、最期まで自宅で過ごせますか?

 はい、過ごせます。たとえ寝たきりで身の周りのことができなくても、1日3回程度はヘルパーさんや看護師さんの訪問で、食事介助などの生活援助や、健康確認・清潔ケアをしてもらえます。逆にいうとそれ以外は一人で過ごすことになりますから、その時間が不安なようなら施設や病院の方が良いかもしれません。「なんとか大丈夫」と思えるなら、独居生活は十分に可能です。

 

 

・どんな医療処置が自宅で可能ですか?

血液検査、超音波検査、点滴、中心静脈栄養、膀胱バルンカテーテル交換、腎瘻カテーテル交換、腹水穿刺、胸水穿刺、PCAポンプによる医療用麻薬投与、ペースメーカーチェック、人工呼吸器、喀痰吸引、小児在宅、褥瘡処置・・・

など、病院医療の8割くらいは自宅でも可能です。

輸血は準備に手間がかかること、副作用の起こる可能性が高いことから、実施しておりません。必要になれば病院を紹介します。

 またCART(腹水濾過濃縮再静注法)も作業に手間がかかるため、効果が期待できると判断する場合のみ、自宅で対応しております(そのようなケースはほとんどありません)。

 

 

・定期訪問は必要ありません。調子が悪くなった時だけ往診に来てほしいのですが・・

ご希望に添えかねます。訪問診療は、月に1~4回の定期訪問を行っている患者様に、24時間365日の往診体制を提供するもので、これはどこの在宅クリニックでも同じです。調子が悪くなって初めて伺っても、これまでの病歴や検査の結果が分からないので、適切に対処できる自信がありません。それだったら病院に行って検査してもらった方が早いからです。

 

 

 ・定期訪問は月2回が基本と聞きましたが、お金の不安もあるので月1回がいいです。

患者様の病状毎に訪問回数は変わります。病状がかなり安定しているようであれば月1回にすることもありますし、病状が悪ければ毎日のように訪問することもあります。月1回を希望されても、契約当初は本当に安定しているか分かりませんので、最初の数か月は最低でも月2回の訪問を行い、安定していると判断できた場合に月1回訪問へ切り替えています。

 

 

 

<どんぐり診療所について>

 

 ・外来診療はしていますか?

訪問診療をメインとしておりますが、わずかながら外来診療を行う時間もあります。しかし、現状は予約でいっぱいであるため新規の受け入れを停止しております。

 

 

・電話がなかなかつながりません。

申し訳ありません。電話を1回線しか引いておらず、「話し中」でつながらないことがあります。少ない人数で運営しているため、2回線にしても2人同時に出られるほどスタッフがいないためです。長時間つながらない場合は、メールでのお問い合わせもご検討ください(dongricl24@gmail.com)。

なお、在宅医療の契約をしていただきますと、患者様には別の携帯電話番号をお教えしますので、病状に関する電話がつながらないことはほぼありません。